FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難治の耳鳴りがプラセンタで改善

哺乳動物の胎盤から抽出するプラセンタ

耳鳴りやめまい、メニエール病、は、現代の医学でも治すのが難しい病気です。これらはいずれも原因が多種多様のため、原因を特定してそれに対して薬を処方することを基本とする西洋医学では、決定的な治療が行えないというのが実情です。

では、これらの病気には全く対処法がないのか、というと決してそうではありません。特におすすめするのが、胎盤エキス「プラセンタ」を活用したプラセンタ療法です。ほにゆうプラセンタとは、哺乳動物の胎盤を意味しますが、一般には人間やブタの胎盤から抽出されたエキスのことを指します。
このプラセンタを注射や栄養補助食品で補う治療法が、プラセンタ療法と呼ばれています。実際、最近ではプラセンタ療法を耳鳴りやめまい、メニエール病などの病気に適用する病医院が増えています。

内耳の血流を促し内耳のおくみを改善


では、プラセンタがなぜ、耳鳴りやめまい、メニエール病に有効なのでしょうか。残念ながら、そのしくみはまだはっきりと判明していません。
現在のところは、プラセンタに含まれるアミノ酸(たんばく質の構成成分) やビタミン、ミネラル(無機栄養素)、生理活性物質などの多彩な成分が総合的に働いて、内耳の血流を促したり、傷んだ聴神経の修復を行ったりしているのだと考えられています。耳鳴りやめまい、メニエール病を招く原因と考えられているもの1つとして、内耳のむくみ(水腫) があります。

内耳はリンパ液と呼ばれる無色透明の液体で満たされていますが、なんらかの原因によってそのリンパ液が過剰になり、いわばむくんだ状態になると、耳鳴りやめまい、メニエール病が起こるというわけです。

プラセンタによって内耳の血流が促されると新鮮な酸素や栄養が内耳に供給されます。そうすると、蓑えていた内耳の働きが活性化し、過剰になつたリンパ液が排出されるため、これらの症状が改善していくと考えられます。また、血流が促されれば、当然、内耳の周囲にたまっていた老廃物や発痛物質が洗い流されていきます。こうした作用も、耳鳴りやめまい、メニエール病の改善に一役買っているのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。