FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁気の力で血流アップを促す「半導体チップ」で夜の耳鳴りを防止

内耳の血流不足で耳鳴りも難聴も悪化

耳鳴りや難聴の原因はいくつかありますが、症状を引き起こす大力きな原因の1つが、内耳の中の蝸牛と呼ばれる器官の血流不足です。

鍋牛とは、外から入ってくる音の振動を、電気信号に変えて脳に伝えるという重要な働きをしている部位です。そこから正常な信号が発せられることで、私たちは音を正確に認識しているのです。ところが、なんらかの原因により、蛸牛を取り巻く内耳の血流が悪化すると、酸素や栄養が十分に行き渡らなくなり、蛸牛の働きが低下していきます。すると、内耳で得た情報の信号が脳に正しく伝わらなくなって、耳鳴りや難聴が起こるのです。

特に老人性難聴においては、鍋牛の有毛細胞の老化も問題になります。この細胞は細胞分裂をしないので、騒音にさらされながら、年を取るとともに徐々に磨耗していき、一度壊れたら再生することはありません。そこに血流不足が重なれば、有毛細胞にさらに大きなダメージを与えることになり、耳鳴りや難聴を進行させてしまいます。また、血流が患いと、リンパ液(細胞から余分な水分や老廃物を運ぶ無色透明の液) の流れも悪くなります。

耳の若返り大作戦とその方法も蝸牛への血流アップが主な方法です。

蛸牛はリンパ液で満たされた器官なので、リンパ液の流れが停滞すると、蛸牛に老廃物がたまってしまいます。このことも、耳鳴りや難聴の一因になります。
つまり、蛸牛の働きを回復させ、耳鳴りや難聴を改善するには、血液やリンパ液の流れを促し、蛸牛を含む内耳に酸素や栄養を送り込むとともに、老廃物を排出することが大切です。

生体電流の流れを整える


そうした点から、ぜひおすすめしたいのが、「半導体チップ」の使用です。半導体チップとは、こりや筋肉痛などの治療を目的に開発されたはりつけ型の治療具で、医療機器の認可も受けています。

大きさは、厚さ1mm、重さはわずか0.5gと小さく、直径1mm、長さ3mmの半導体から伸びる伝導線に銀メッキを施し、直径9mmの円形状に加工してあります。

これを耳の周囲にはることで生体電流が整い、耳鳴りや難聴などの症状に大変効果があるとr最近話題になっているのです。

生体電流とは、私たち人間の体を流れる微弱な電流のことです。生体電流は、光や温度、湿度といった自然環境や、ストレスや睡眠不足といつた体調の変化など外的な影響を受けやすく、ささいな変化でも電圧変動を起こして、電流の流れに乱れが生じます。この生体電流の乱れが、血液やリンパの流れを阻害するので、それが耳の周辺で起こると耳鳴りや難聴の症状が起こると考えられるわけです。

実は、半導体チップについている半導体は、そのままの低温の状態ではほとんど電気を通しません。体にはって体温で温められ半導体の温度が上がっていくと、徐々に電気を通すようになります。

半導体には、あらゆる方向から電気を集めたあと、一方向に放電するという性質があるので、これが生体電流を正常化するのに大変有効に働くのです。半導体チップによって生体電流の流れが正常化されれば、それに伴って血液やリンパの流れも活発になります。その結果、蓑えた蛸牛の働きが復活し、耳鳴りや難聴が解消に向かうと考えられます。

耳鳴りや難聴の改善に用いる場合は、耳鳴りや難聴に効果のあるツボの上につけるとより効果的です。

また、はりつづける時間は、1日6~8時間が理想とされています。ですから、就寝前にはつて翌朝出かける前にはがす、という使い方がおすすめです。

なお、耳鳴りや難聴が気になる側だけにはるのではなく、もう片方の耳にも左右対称になるようにはつてください。そのほうがバランスが取れ、症状の改善にはより効果的です。早い人なら、半導体チップをはってほんの数時間で効果が実感できるはずです。

毎晩、耳鳴りが気になつてなかなか寝つけないと悩んでいた人が、この半導体チップをはつたら耳鳴りが消え、グッスリ眠れるようになったという声が多く開かれます。

半導体チップは、簡単で安全性の高いツボ療法です。一度試してみてはいかがでしょうか。ただし、耳鳴りや難聴の原因はさまざまなので、自己診断だけでは対処せず、まずは専門医の診断を仰ぐようにしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。