FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代以降に急増する耳鳴りと難聴、内耳の血流アップで治るケースも多数

現代医学でも根治が難しい

これまでは高齢者に多いとされていたていた耳鳴り・難聴が、最近は40代から多く見られるようになりました。30代の後半で自覚症状があらわれて困っている人も増えています。

耳鳴り・難聴は、中耳や脳腫瘍などの病気が原因で起こっている場合を除けば、原因がよくわからず、現代医学でも治療の難しいケースが少なくありません。

病院では、「気長につきあつていきましょう」といわれている人も多いでしょう。とはいえ、耳鳴り・難聴は完全に治らないというものでもありません。実は、内耳の血流をアップさせることで、耳鳴り・難聴の治る人がお多数いらっしゃいます。

まず、耳の構造についてです。耳は、外耳・中耳・内耳の3つに分けられます。外耳は、耳介から外耳道を通って鼓膜までつながる部分。中耳は、鼓膜から耳小骨(鼓膜の内側にある3つの骨) のところまでをいいます。
最後の内耳は、カタムリのような形をした鍋牛と呼ばれる器官の周辺をいいます。

私たちが人の声を聞くとき、その声はただの振動として外耳を通って中耳に行き、そこで振動が増幅されます。増幅された振動は、内耳にある蛸牛の中を満たしているリンパ液(細胞から余分な水分や老廃物を運ぶ無色透明の液体) に伝わります。それを蛸牛の細胞が感じ取ったあと、聴神経を通じて脳に伝えられ、人の声として認識されるのです。

ストレスや睡眠不足が原因


この一連の機能を正常に働かせるためには、内耳をはじめとした耳の各器官に酸素や栄養が十分に供給されなければなりません。ところが、ストレスや睡眠不足などによって内耳の血流が特に悪くなると、音の情報が脳まで伝わらなくなり、耳鳴り・難聴が起こると考えられるのです。

そのため、耳鳴り・難聴を予防・改善するには、内耳の血流を改善すればいい、というわけです。耳周囲の筋肉を動かして内耳の血流をアップさせたところ、耳鳴り・難聴の改善する人が多いとわかつています。

内耳の血流をよくする方法をはじめとして、耳鳴り・難聴を防ぎ治す方がいくつかあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。