FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

難聴、めまいの半分以上が改善するという「ハチの子」

八チの子はストレスに絶大のアミノ酸が豊富難聴、耳鳴り、めまいに効くという食品として、ハチの子が広く知られています。ハチの子とは、クロスズメバチ、オオスズメバチ、アシナガスズメバチ、ミツバチなどのなどの幼虫(サナギも含む) のことで、全体に白っぽく、柔らかい感触をしています。中国では、古くからハチの子に老化防止、滋養強壮の効果があるといわれ、16世紀後半に書かれた中国の薬学書のバイブルともい『本草綱目...

続きを読む

家の中でのめまいがダロフ法のおかげで2週間で解消

めまいがプラント・グロフ法でよくなった経験談です。半年前、起床時に周囲がグルグルと回転するような激しいめまいが起こり、近所の耳鼻科を受診したところ、頭位めまい症と診断されました。そして、治療を受けたら、その起床時のめまいが治ったそうです。しかし、その後、家の中や買い物途中でかすかなめまいを感じるようになったため、再度、その耳鼻科を受診しましたが、「年のせいでしょう」といわれただけでした。ところが、...

続きを読む

ダロフ法は寝て起きてを繰り返すだけで3ヶ月でめまい、耳鳴りが改善

無理のない範囲で行うのがポイント精密検査を行って、慢性的な良性発作性頭位めまい症と診断されたらプラント・グロフ法がおすすめです。プラント・グロフ法で、座った状態から横に倒れるときの速さについての決まりはとくにないそうですが、だいたい1~2秒を目安にして行うのがポイントです。このとき、手をついてもOKです。。また、プラント・グロフ法を食後に行うと、吐きけを催す人もいるそうなので、毎食前に行うといいでしょ...

続きを読む

高齢者のめまいやふらつきは耳の三半規管に入った砂が原因

かなり多いめまいが頭位めまい症めまいとひとくちに言っても耳の障害や脳の病気、心臓血管系の病気などさまざまな原因のめまいがあります。そうした中でも、最も多いめまいが、良性発作性頭位めまい症です。めまいやふらつきを訴えて受診する患者さんの半数以上が、この頭位めまい症です。高齢になればなるほど起こりやすく、70歳になるまでに3~5割の人が一度は経験するといわれる頭位めまい症は、起床時に頭を上げたときや、寝返...

続きを読む

両耳の耳鳴りと頭痛がプランセンタ療法で改善

左右の耳鳴りと慢性的な頭痛に悩まされはじめたのは、今から約4~5年前のことです。内科や耳鼻科を受診して処方された薬を飲んでいましたが、症状はほとんど改善しませんでした。耳鼻科では、耳鳴りを診断するとき、「耳鳴りの大きさ」「持続時間」「気になる度合い」という3つの自覚症状を、問診によって五段階評価します。早速、私も問診を行ったところ、3項目とも4~5点と高い得点を示しました。加えて、耳鳴りのせいで睡眠の取...

続きを読む

プラセンタでメニエール病のめまいが改善

回転性のめまいそれぞれの症状に応じて行う療法の中でプラセンタでメニエール病のめまいが改善した例もあります。今から13年前の1998年ころから、グルグルと視界が回る回転性のめまいに襲われるようになりました。当初通っていた病院では原因がわからないといわれたため、2000年に私の医院を訪れ・ました。そめまいの原因はメニュール病であることがわかりました。回転性のめまいに加えて、左耳の耳鳴りもありました。内耳のリ...

続きを読む

難治の耳鳴りがプラセンタで改善

哺乳動物の胎盤から抽出するプラセンタ耳鳴りやめまい、メニエール病、は、現代の医学でも治すのが難しい病気です。これらはいずれも原因が多種多様のため、原因を特定してそれに対して薬を処方することを基本とする西洋医学では、決定的な治療が行えないというのが実情です。では、これらの病気には全く対処法がないのか、というと決してそうではありません。特におすすめするのが、胎盤エキス「プラセンタ」を活用したプラセンタ...

続きを読む

体験談 かん高い耳鳴りが続いたが半導体チップで改善

病院では原因不明と診断5年ほど前から耳鳴りに悩んでいました。「当時は、携帯電話の通話状態を調査するという仕事をしていて、イヤホンや携帯電話を常に使っていました。そんなある日、突然、右耳にキーンとかん高い音が聞こえたのです。耳障りなその音は、それからときどき聞こえるようになり、ました。しばらくすると、かん高い音は消えるどころか、やむことがなくずっと鳴っているようになりました。夜、布団に入ってもなかな...

続きを読む

磁気の力で血流アップを促す「半導体チップ」で夜の耳鳴りを防止

内耳の血流不足で耳鳴りも難聴も悪化耳鳴りや難聴の原因はいくつかありますが、症状を引き起こす大力きな原因の1つが、内耳の中の蝸牛と呼ばれる器官の血流不足です。鍋牛とは、外から入ってくる音の振動を、電気信号に変えて脳に伝えるという重要な働きをしている部位です。そこから正常な信号が発せられることで、私たちは音を正確に認識しているのです。ところが、なんらかの原因により、蛸牛を取り巻く内耳の血流が悪化すると...

続きを読む

原因不明のめまいが「耳つまみ」に改善

病院では原因不明との診断昨年の夏、ひどいめまいに襲われました。長距離バスの中で、胃痛とむかつきが起こり、それが治まった翌日、激しいめまいがして倒れそうになってしまったのです。すぐに病院に行き、心電図や超音波の検査を受けましたが、結果はすべて問題なしでした。「不安になりましたが、実は当時、東洋医学の治療法を勉強している最中だったので、めまいに効くのではないかと早速、実践してみることにしたのです。習っ...

続きを読む

耳周辺のツボを刺激する「耳つまみ」

皮膚への刺激で全身の不調が治る耳鳴りや加齢による難聴は、耳鼻科に行ってもなかなか治らず悩んでいる人が多いかと思います。しかし、東洋医学のツボ刺激を行えば、体質が改善して耳鳴り・難聴を含むさまざまな体の不調がよくなります。ツボは、体のエネルギーである「気」の通り道となる経絡に治って点在しています。体の不調は気の流れの滞りが大きな原因です。そのツボを刺激することで、気の流れがよくなるのです。ツボは、ご...

続きを読む

内耳の血流を増やすには「ガム噛み」

お内耳の血流不足は噛むことで改善できる耳鳴り・難聴の原因は、はっきりとは解明されておらず、的確な治療法が確立されていない病気の1つです。しかし長年の研究から、耳周辺の筋肉が衰えて内耳の血流が悪化し、聴覚の機能が正常に働かなくなるせいではないか?とわかってきました。耳周辺には、細かな筋肉がいくつもあり、それぞれが連動して動いています。それらの筋肉がなんらかの理由で衰えると、耳周囲の血流はもちろんのこ...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。